『1世帯30万円』の現金給付金の基準が簡素化し決定しました

暮らし・ライフハック, 給付 助成金・支援制度

新型コロナウイルスの影響で、収入が激減した方に給付される『30万円現金給付金』ですが、給付条件が全国一律になり簡略化されました。

以前の基準では、都道府県ごとに異なる条件でかなり複雑な基準になっていました。

スピード感が重要視される今回の現金給付では、お互いにわかりやすくする必要があります。

『30万円現金給付』生活支援臨時給付金の受け取り条件

今回の『30万円現金給付金』を受け取れる条件を下記の表にわかりやすくまとめました。

左上から進んでいただくともらえる条件かどうかわかります。

詳しい詳細は『総務省』のHPに掲載されています。

支給開始となる日は各市町村ごとによって決定されるようになっていますが、今回のコロナウイルスによる緊急経済対策の趣旨を踏まえ、迅速な給付開始を目指すものとするとしています。

給付金の申請と方法

収入を証明する書類を市町村に提出。

個人事業主などの方は前年度の確定申告の書類と今年度の売上が分かる簡易な書類を用意しておいてください。

また、混雑が予測されるので申請者・市町村の事務負担を考慮して、出来る限りの簡単な手続きで済むようにしているようです。

コロナウイルス感染拡大防止の観点から、出来る限りオンライン申請で出来るようにしているようですが状況に応じて窓口対応もしているようです。

給付金の受け取りは、原則として本人名義の銀行口座に振り込みとしています。