在宅で副業出来る日本結婚相談所の加盟店説明会行ってきました

副業・転職, 暮らし・ライフハック, 資格・学習

副業と言っても色々あって何をしよう。

と悩みますよね。

これから先、日本の人口数がとてつもないスピードで減少していきます。

その中で何をビジネスモデルにするかで考えた結果、『結婚相談所』ってどうなんだろう?

と、言う事で【加盟店説明会】に行ってきました。

私がこのビジネスモデルが気になった点は

  • 自宅開業出来る
  • 初期費用を出来るだけ抑えたい
  • テナントやスタッフ人件費などを出来るだけ抑えたい
  • 粗利率が出来るだけ高いビジネス
  • 安定性
  • 将来性
  • 体力を切り売りしないビジネス

です。

在宅で副業出来る日本結婚相談所の加盟店説明会行ってきました

まず、稼げるかどうかですが間違いなく稼げる分類に入ります。

モデルケースとして提示している数字では会員数50名を確保すれば、およそ毎月の収入が115万円になってきます。

小売業や飲食と大きく違うのが利益率です。

大半の加盟店はFCや代理店ではなく【オーナー経営】として加盟店登録になります。

なのでロイヤリティが全くありません。

稼いだ分だけ手取りになるので、かなり美味しい商売です。

会員数50名のシミュレーションですがおよそこのような数字になります。

細かい数字は結婚相談所によって変わります。

初期費用:例
(入会金・活動サポート費用etc)
10万円×2名20万円
月会費 :例 1万円×50名50万円
お見合い料 :例 5千円×50名25万円
成婚料 :例 20万円×1名20万円

正直最初からこの数字は厳しいとは思いますが、IBJ自体のツールやイベントなどでの集客はかなり広く、無理な数字ではなさそうです。

正直ある程度、貯金などの蓄えがある人なら副業としてでなく本業として取り組んで、一気にこの数字までもっていった方がいいかもしれません。

掛かる費用としては

説明会の結婚相談所例
ネットワーク月会費 15,000円
加盟店登録スタッフ数(自分一人なら)2,000円
新規データ登録費 会員一人当たり 2,000円
会員活動費 会員一人当たり 500円

となっているようです。

ネットワーク月会費 とは

これは加盟店のオーナーが結婚相談所の登録者データを使うネットワークの使用料にあたります。

会員を登録したり、お見合い申し込みや紹介をしたりするのにシステムを使用するので、そのシステムの使用料として毎月15,000円掛かってきます。

会員数が増えてもこの金額は変わらないので安心して続けていけます。

加盟店登録スタッフ数 とは

こちらは自分一人で基本的にはするので2,000円ですが、自分でスタッフを雇ったりしてシステムを各スタッフごとに使えるようにするときに支払う料金になるようです。

おそらくいきなり人を雇ってする人は少ないと思いますので、当分は毎月2,000円の支払いになります。

新規データ登録費 とは

こちらは、自分で新しく会員を見つけてきて契約して、システムに会員登録する時に必要になります。

新しく登録する時にだけ掛かってくる料金になるようなので、その月によって変動します。

会員活動費 とは

こちらは自分で登録した会員の数ごとに変わってきます。

会員が30名でしたら、30名×500円=15,000円となります。

会員それぞれが専用のWEBサイトから自分で好みの相手を探して、婚活していきます。

このWEBサイトも本名は伏せてあるなど、個人を特定できないようになっています。

顔写真やプロフィールなどから好みの相手を探す感じになります。

お目当ての相手には、会員同士は連絡などは取れないのでお見合いを申し込む時に会員は加盟店のオーナーに申し込み、加盟店オーナーが相手の登録している同じく加盟店オーナーと連絡を取ってそこから会員につながります。

会員と会員の間にお互いの加盟店オーナーが入るかたちになります。

なのでいきなり直接的な接触でトラブルなどが起こらなく、会員は安心して婚活を続けていけます。

気になる開業費用は

参加した結婚相談所の加盟金として150万円だけでした。

研修費は含まれているので、150万円だけです。

保証金は無く、物件費用も自宅で出来ます

電話はIP電話で十分ですし、パソコンのつながる環境であれば十分に仕事ができるのでテナントなどを契約して、毎月のテナント家賃を支払う必要はありません。

サイトも無料のサイトやSNS、Facebookで十分です。

無料でも一番大切なのが、ブログを出来るだけ毎日書き込むことです。

自分で名刺を作ったりは、各自料金がかかります。

また、会員と実際に合って契約する時などは、加盟店オーナーのみなさんはホテルのラウンジやカフェなどを使っているようです。

ホテルのラウンジとかは良い雰囲気で、契約もスムーズにいくみたいです。

会員数が増えてきて、余裕が出てきたらレンタルスペースなどを借りて事務所として使っているようでした。

初心者でもしっかり研修サポート

加盟後に基礎的な研修をしてくれて結婚相談所経営の基礎をしっかり教えてくれます。

私自身も全くの初心者なので、一からしっかり学べる環境でした。

基礎学習の他に先輩相談員の方の実践的な講習もあり、より具体的に聞いていける環境もあります。

30代前半の男女の未婚率

もう十分に社会問題としても取り上げられていますが、実際の数字は30代前半の未婚率、男性47.1%・女性34.6%となっています。

また、最近の傾向として女性の会員数の方が多くなってきています。

女性はどうしても結婚を現実的にとらえて、自分の年齢と考え行動するからでしょうか。

男性は経済状態が良くないと結婚する自信が無くなってくる方が多く、なかなか踏み切れない状態が続くようです。

ただ、その未婚の方対象のアンケートで、いずれは結婚したい。

という質問には両方85%弱の方が結婚したいと答えているので、状況次第ではやっぱり結婚したい気持ちが見えてきます。

未婚率が多いほどビジネスチャンス

想像してみて下さい。

皆が結婚できる環境で、普段から出会いがあって多くの方が結婚していたら、このビジネスは成り立たないです。

簡単に自分だけで結婚しにくくなってきているからこそ、サポートが必要になっている時代です。

結婚したいけどなかなか出来ないし、出会いもないと悩んでいる人が全体の半数ほどいてるのはものすごくビジネスチャンスだと思っています。

ちなみに普通の出会いではなく、結婚相談所に登録する人は出会って意気投合してから結婚までがあっという間です。

しっかりお世話して、信頼関係を築けていけば順調に成婚にまで持っていけるのですごくやりがいもあるし、何より感謝してもらえます。

自分のかかわったことで、笑顔でありがとうって。

言ってもらえることってなかなかないと思います。

しかもそれで成婚料まで頂けるから、仕事の充実感が凄いです。

もし、転職や独立を考えているならこれからの時代結婚相談所も凄く伸びていける要素が多いので私はおすすめします。

私が行った説明会はこちらから